2024年度 展示

諏訪で見つかった『星の和名』、信州で見つかった新天体 -星の名前と市民科学-

展示概要

諏訪で見つかった『星の和名』、信州で見つかった新天体ー星の名前と市民科学ーのチラシ画像

 冥王星を命名した野尻抱影が初めて出会った星の和名は、諏訪地方で使われていたものでした。星の名前になった昔ながらの道具や、国際天文学連合(IAU)による現代の新天体命名について取り上げます。

展示内容

  • 星になった民具:暮らしの道具と星々
  • 星の和名収集:野尻抱影と諏訪の市民科学者
  • 天体に関することばの言語地図 
  • 星と星座とアステリズム:IAUによる取り決めと国内での広がり
  • 天体発見と命名:天体観測と市民科学
  • 現代の市民科学

基本情報

展示期間

2024年7月7日(日)~9月8日(日)

会場

茅野市八ヶ岳総合博物館(長野県茅野市豊平6983)

料金:通常入館料(大人310円、高校生210円、小中学生150円)

備考

※休館日:7月8日(月)、16日(火)、22日(月)、29日(月)、8月5日(月)、13日(火)、19日(月)、26日(月)